臭う靴を洗ってみた!(前編)サドルソープは万能か?

スポンサーリンク
道具
スポンサーリンク

先日入手したTricker’sの150周年記念モデル。

40年前のモデルですが状態は抜群!

若干古着っぽい靴の臭いがします。

おそらく靴に残った皮脂や汗が長い時間で酸化して
独特の古っぽい臭いになっているのだと思います。

今回は思い切って、

丸洗い

にチャレンジしようと思います!

スポンサーリンク

準備したもの

準備したものは下記の4点です。

①サドルソープ

これがなければ始まりません。
革靴の洗浄といえば、サドルソープ!

M.MOWBRAYのものを買いました。

初めて使用するのでドキドキです。
お値段は1000円前後でした。
うまくいくのかな…

サフィールのものもあるようです

②スポンジ

これは何でも良いです。
普段ご家庭で使用されているもので全く問題ありません。

家にあった無印のスポンジを使いました

強いて言うなら、柔らかいもののほうが使いやすいと思います!

③新聞紙

乾かすために靴に入れる用途です。

新聞紙は非常に湿気を吸うので、
何枚か交換しながら使用します。

④シューツリー

ある程度乾燥させたら、シューツリーを入れて形を整える予定です。

Amazonでシューツリーむっちゃ安くうってるんですね…
予備に買おうかな…

私はTricker’sの純正を使う予定にしてます。

実際の作業

用意ができたら早速行っちゃいましょう!

きれいに、無臭で帰ってきておくれ…

①軽い汚れ落としと紐外し

まずは汚れ落としからスタート。

馬毛ブラシをかけ、ゴミを取り払ったあとに、
BootBlackのツーフェイスで軽く落とします。

軽い汚れ落としに最適
ドキドキ…

②お湯を準備

色々情報を調べたのですが、水よりお湯のほうが良さそう…
くすみんさんのグーブロに失敗例も載ってました。

革靴の丸洗いはサドルソープとお湯がおすすめです!
足は1日でコップ1杯分の汗をかくって言われていますね。 そもそも靴って地面に接してるわけだし、雨にも濡れるし、ラーメンの汁はこぼすしで、汚れて当然なわけです。   というわけで、一年間お世話
洗面台に水はりました

通常の給湯温度設定で42℃ほどのお湯を洗面台に準備。

③漬ける

いけーーーーーーーーーー!!!!!

今回は内部の洗浄が主な目的なので、お湯に浸漬します。

もう後戻りはできない…

④サドルソープで洗う

早速サドルソープで洗ってみます。

思ったよりも石鹸でした

勝手に液体の洗剤と思い込んでいましたが、
普通の固体の石鹸でした。

それをスポンジに軽く取ります。

よく見ると毛が…

いざ!!!!

軽く泡立ちます
別角度から

軽くこするだけで結構泡立ちます。
少しサドルソープを足しつつ、内部も洗浄。

内部を念入りに

⑤洗い流し

そしてさっと洗い流します。

サドルソープには保革成分が入っているので、
軽く表面に残すような感じでOKだそうです。

完了!
お湯に結構汚れ?が出ています。これは期待大!

⑥乾燥

軽くタオルなどでふきつつ、丸めた新聞紙を靴に入れます。

無事に乾燥してくれ…

ポイントは…

①新聞紙を詰め込み過ぎないこと。
詰め込むと、柔らかい革だと乾いたときに
新聞紙の形に型がついてしまう可能性があります。

②新聞紙を途中で交換すること。
新聞紙は結構水分吸うので、途中で交換するのが吉です。

いざ乾燥!

現在通気性の良い日陰で乾かしている最中です。

果たして臭いはどうなるのか…

革の状態はどうなのか、しっかり見極めて行きたいと思います!

To Be Continued…

コメント

タイトルとURLをコピーしました