私のTricker’s M7292 Keswickが最高な3つの理由!

スポンサーリンク
Tricker's
スポンサーリンク

私の一番のお気に入りであるKeswick(ケスウィック)
イギリス的な発音だとケジックだそうです。
コードバン仕様のカッコいいやつです。

最高にカッコいい…

このKeswickについて紹介すると共に、
最高なポイントを紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

M7292 Keswick とは

トリッカーズのカントリーシューズの代表作の一つです。

カーフレザーが使用されているM5633 Bourton バートン

エイコーン Acorn

グレインレザーを使用しているM3087 ILKLEY イルクリー

ブラックグレイン

と全く同じデザインの短靴3兄弟ですね。

M7292 KeswickはC Shadeという革を使っています。

C Shade

シーシェイドと読みます。

C Shadeはもともと野山を歩き、雨の多いイギリスに対応できるように
加工された革で、汚れや水分に強い”The Tricker’s”です。

C Shade Gorse

加工が入っているからか、のぺっとした質感が特長です!

最初はクリームが全く入らない、硬すぎるなど
Tricker’sが強固な靴だ!というイメージを作り上げた革でもあります。

Tricker’s以外で使われているのを見たことがありません…
(見つけたら教えてください!)

基本的な仕様

Keswickの基本的な仕様は、以下の4つです。

・4Eyelet ハトメは4つで外ハトメ

・Bellows tongue ベローズタン

違うモデルですが、シュータンが袋とじになってます

雨が靴の中に入ってこないように
シュータンが外羽根に縫い付けられて
ベロー(蛇腹)になっているのが特長です。

・Storm weltストームウェルト

アデルさんが縫い付けてるのもストームウェルトです

ウェルトとアッパーの付け根の部分が盛り上がっている仕様です。
もともとは雨の染み込みを抑えるための返しだそうです。

↓飯野さんが詳しくウェルトについて描いてくれています。

ウェルトの形状の違い……平面、それとも立体?
「ウェルト」とは、グッドイヤー・ウェルテッド製法などの靴には不可欠なパーツである細い革のことを指します。今回は、この「ウェルト」についての疑問を追求していきます。ウェルトの断面の「形状」の違いについて、まずは基本的な2種類から見ていきましょう!

・4444 Last

やや大きめのサイズ感のラストです。
これは、カントリーシューズは基本的に
ぶ厚い靴下を履くことが前提とされているからです。

Tricker's | The Official Website | The Original Handmade English Country Shoes and Boots
Tricker's boots and shoes for Men combine all our traditional durability, practicality and sturdiness with a degree of understated elegance.

↑TOPページの190周年モデルも分厚い靴下です。

なぜ私のKeswickが最高なのか?

自分のKeswickが「最高だ!」と断言できるほど
お気に入りの一足です。

その理由を3点にまとめてご紹介!

①仕様が好み

再掲

普通のKeswickとの違いをご紹介!

・TECKコードバン
・ブローギングが施されたシュータン
・ナチュラルカラーのストームウェルト
・金ハトメ

ぼくがかんがえたさいきょうのとりっかーず!
みたいな仕様です。

雨に強いのが特長だったはずなのに、コードバン。

ストームウェルトとコードバン。

ダイナイトソールとコードバン。

ギャップがたまりません…

②デニムに合う!!!

私は私服で通勤していい職場なので、
年中デニムです。デニム最高!

足首出してみたり…

ハッピーソックスと合わせてみたり…

どういったコーデにもバッチリの万能モデルです。

③もう手に入らない!!!!

現在、Tricker’sではコードバンでメダリオン
入ったモデルを作らないようにしているようです。

聞いた話によると、メダリオンを入れると
コードバンが裂けてしまうからとのこと…

そんな中、新品未使用で私のもとにやってきてくれて感謝感謝です…

最後に

いかがでしたでしょうか?

今市場に出回っているモデルでコードバンの
メダリオンが入っているモデルは最後になる可能性があるので、
お探しの方はお早めに…

最後までお読みいただいてありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました